総量規制対象外カードローンの審査のポイント!

総量規制対象外のカードローン審査のポイント!

もしもの時のためのカードローン「バンクイック」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


さて、「カードローン」では、審査さえ通れば設定した上限額の範囲内であれば、いくらでも融資してもらえるなんて思っていらっしゃる方はいませんでしょうか?

 

まず、最初にはっきりさせておかなければならないのは、それは違うということです。つまり、上限額の範囲内であってもダメな場合が存在するということです。総量規制という名前のルールが2010年に出来ました!

 

では、結局のところなぜダメななのか?どうすればいいのか?について今回は紹介したいと思います。

 

 

 

なぜダメなのか?~総量規制というルール

もともとは、借りすぎを防止するための「消費者保護」の目的があって出てきたルールです。一体どんなルールなのか紹介します。

 

年収の3分の1を超えるとアウト!

総量規制の総量とは、乱暴にいえば、借り入れの合計のことです。借り入れの金額が自らの(あるいは配偶者の同意を得てその配偶者の年収の)3分の1を超える金額を借りることは出来ません。これは合計です。

 

定額で決まっていないのは、年収といっても200万円台で苦しい方もいれば、2000万円を超えて裕福な生活を送っていらっしゃる方もいるからです。ですから、「3分の1」なのです。

 

つまり、年収300万円のAさんは100万円を超える借り入れをすることが出来ません。でも、ここで疑問がありますね。

 

例えば住宅ローンはいかがでしょうか?だいたい2000万円以上しますから、ある程度裕福な人でも対応できないということになるでしょう。

 

総量に算入するものは…

従いまして、総量規制の「総量」に算入するものと算入されないものがあるのです。基本的にわれわれがすぐにかかわるものとしては「住宅ローン」と「自動車ローン」そして「クレジットカードのショッピング枠」になります。

 

また、個人事業主である場合は、事業目的で有る限り総量規制は適用されないなど、事業主であるかそうでないか、あるいは特殊な立場や用途があるかそうでないかに応じて例外が設けられています。

 

いちいち見ているときりがありませんが、差し当たり算入されるのは以下のものだと理解しておくといいでしょう。

 

・貸金業者からの借り入れ(消費者金融)

・クレジットカードのキャッシング枠

・信販会社

 

要はいわゆる「借り入れ」にあたるものだと考えておいて下さい。

 

 

でもお金が必要な時があるどうしよう?

それでも、お金が必要な場合というのが存在します。例えば、急病にかかってしまい治療費が立替払いであってもすぐに100万円が必要だったとしましょう。

 

仮に年収310万円だった場合に既に10万円を消費者金融から借りて返済中であったとします。すると、消費者金融は必要額全額に当たる100万円を貸し出してくれません。

 

理由は、まさに「総量規制」に抵触するからです。消費者金融が勝手にこのルールを破ると、業務内容への指導や罰則が登場しますので、これは絶対です。

 

ただ、急病の場合は特例で少額の超過が認められているようですが(学資などはダメです)、実態としては、このような場合に審査を通過するケースは全くと言っていいほどないそうです。

 

つまり、貸金業を営む消費者金融などは、こうした際に対応してくれません。すると、普通に生活費としてお金を貸し出してくれるけれど、総量規制の例外つまり「総量規制対象外」になるカードローンというのが存在するのかどうかという点が問題になると言えます。

 

 

総量規制対象外のカードローン

ところで、カードローンはどこが出しているのでしょうか?さきほど、紹介した消費者金融というのはその代表例ですね。そして、これ以外にあるのかどうかということです。

 

ここで、「銀行」が出しているカードローンというものがありますので、これが総量規制対象外なのかどうかというのが問題になるわけです。

 

ちなみに、消費者金融は貸金業者とされていますので、貸金業法によって拘束されています。ヤミ金は貸金業登録をしていないので、実は何の法律の拘束も受けていません。ですから、いくら借金していようと借りること自体は可能です。

 

 

ヤミ金はあなたの「存立事態」を招きますので絶対やめましょう!

しかし、ヤミ金は法外な金利や違法な取り立てをする業者が多いです。ですので、ヤミ金に手を出さなければならない状況の場合は弁護士に直ちに債務整理の相談をしなくてはなりません。それは、ヤミ金を利用しなくても同じ事ですので、この点は注意して以下の情報を参考にして下さい!

 

ところで、銀行は「銀行法」にしたがって動いています。つまり、貸金業法で動く貸金業者ではないということです。したがって、銀行がカードローンを出していてもそれは「貸金業での貸し出し」ではありませんので、総量規制対象外となるのです。

 

是非、銀行のカードローンは選択肢に入れておいた方がいいと思われます。

 

 

銀行カードローンならバンクイックがおすすめです!

さて、銀行といってもたくさんあります。UFJ・住友・りそななどをはじめとした大手銀行から○○信用金庫などと名乗る地方の銀行までありますし、郵便が民営化になりましたので、ゆうちょ銀行なんてものもありますね。

 

すると、どの銀行を選ぶかが大切です。いくつか基準があります。

 

まず、いざというときに地方銀行は生き残りのため貸し渋りをするケースがあります。全国での利便性確保も考えれば大手が無難です。

次に問題になるのは金利です。ただ、銀行系はどこも金利が消費者金融より安めに設定されています。従いまして、金利・利子が問題になるのは銀行同士というよりは消費者金融との選択で問題になります。

 

というわけで、最後に問題にしたいのは、「どれほど手軽に利用できるか」という点にあると思われます。

 

今の大手銀行であれば、どこも最短で即日融資をしてくれますが、時間を明示しているのはUFJ系のバンクイックだけです。バンクイックはカードい発行まで最短40分と明示しています。審査も最短30分ですので、即日融資は余裕で間に合います。

 

また、審査に合格するかは事前のシミュレーションでわかりますし、返済計画をたてることも公式サイトである程度できます。これらも使いながら、計画的に利用しましょう。

 

急な出費の際、「総量規制対象外」にも対応しているしかも便利なカードローンはバンクイックです!

 

バンクイックの審査に通る必勝法!
バンクイックの審査に通るためには必要な条件をまとめると大きく3つに分かれます。もしあなたがバンクイックの審査に通りたいのであれば、こちらのサイトで詳しく解説されてあるのでおすすめですよ!

 

銀行カードローンと消費者金融の違いは1つだけ!
銀行カードローンと消費者金融の違いはどこにあるのか?最大の違いは金利とサービス内容です。金利は銀行カードローンの方が安いですが、実は消費者金融の方が色んなサービスが充実されて使い勝手が良いんですよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ